のぼり旗の寿命が縮む?が劣化してしまう原因は?

風を受けて美しくたなびき、遠くからもよく見えるのぼり旗は
お店の宣伝に絶大な効果を発揮します。

のぼり旗は自作することも不可能ではありませんが、
耐久性や寿命に優れた製品が欲しいなら、専門店に依頼して
製作してもらった方がいいでしょう。

お店の宣伝

のぼり旗の劣化の主な原因は、日光と風雨です。
旗は長い時間日光や風雨にさらされると、色あせや
にじみが起きやすくなります。

寿命を延ばすのに最も有効なのは、雨が降ってきたら
速やかに旗をしまうことですが、特殊加工された旗を
使うことでも寿命を延ばすことができます。

特殊加工が施されたのぼり旗は、専門店を利用しなければ
手に入れることができません。

劣化の原因

色あせによる劣化を遅らせる「UV加工」や、にじみを防ぐ
「撥水加工」が代表的な特殊加工です。

加工済みの旗はそうでない旗と比べて価格が高いですが、
その分優れた耐久性を発揮します。

特殊加工の旗は非常に便利な代物ですが、乱暴に扱うと
本来の効果が発揮されなくなり、寿命が縮んでしまいます。

撥水加工が施された旗だからといって、長時間雨の中に
放置するのはおすすめしません。

小雨程度なら耐えることができますが、どしゃ降りになったら
屋内にしまった方がいいでしょう。

特殊加工はのぼり旗の寿命を延ばす効果はありますが、
永遠の耐久性を保証するものではないからです。

特殊加工済みの旗もそうでない旗も、ある程度
強い雨が降ってきたら屋内にしまって
乾かすようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)