のぼり旗の歴史は?いつから使われ始めた?

コンビニやガソリンスタンド、飲食店など、街を歩いていると
必ず目に入るのがのぼり旗です。目に留まる

様々な店舗や施設の前に設置され、多くの人の目に留まっています。

現代の日本で当たり前のように見かけるのぼり旗の歴史は古く、
邪馬台国の時代まで遡ります。

卑弥呼にのぼり旗を贈った記述が中国の魏志倭人伝にあり、
ここから日本での歴史が始まったとされています。

一般的にのぼり旗が使われるようになったのは、
歴史が少し進んだ平安時代です。

平安時代での争いでは、自軍と敵軍を瞬時に判別できずに、
同士討ちをすることが多々ありました。

そこで同士討ちを避けるために使われたのが、ひらひらと舞うのぼり旗です。

識別するための柄を印刷した布を掲げることにより、
争いの中でも瞬時に判別できるようにしました。

平安時代に使われた柄は同じ仲間の中でもバラバラでしたが、
室町時代になると統一するようになります。

そしてのぼり旗も見やすくするために、ひらひらと舞わないように改良したのです。改良された

こうして改良され歴史の中で有名になるのが、戦国時代です。
それぞれの大名家ごとに特徴のあるのぼり旗が登場し、
歴史の教科書にも掲載されています。

戦国時代などを舞台にした時代劇にも、当時ののぼり旗は
再現され使われています。

現在は宣伝目的に使われていますが、多くの人に目に留まらせる効果は、
今も昔も変わっていません。

時代が変わり平和的に使われるようになっても、期待する効果は一緒なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)