のぼり旗の購入や製作は専門店がおすすめ

のぼり旗は、様々な店舗で購入可能ですが、
一番おすすめできるのは専門店です。

専門店はのぼり旗を中心に取り扱うだけのことはあり、
どこよりも品揃えが豊富です。


同じ宣伝効果のあるのぼり旗でも、デザインやサイズ、
形にはいくつもの種類があります。

ですから、店舗のイメージやターゲット層、設置場所に合った
のぼり旗を購入できるので、宣伝効果も高めることができるでしょう。

また、のぼり旗本体だけでなく、ポールなどの付属品も
多数取り揃えられています。

専門店を選ぶメリットは、購入するとき
だけではありません。

オリジナルののぼり旗を製作するときにも、
専門店を選ぶメリットはいくつもありますが、
一番は細かな要望にも応えてくれることでしょう。

専門店の多くは一枚から製作可能ですし、サイズも
オーダーメイドすることが可能です。

また、デザインも完全にオリジナルにできるので、世界に一つだけの
のぼり旗を製作することができます。

細かな要望にも対応し自由度が高いのは、専門店ならではのメリットです。

最後に専門店ならではのメリットは、価格が安いことです。
既製品は1枚1,000円以下で購入できるのは当たり前ですし、
オリジナルでも高額な価格ではありません。

大量に注文すれば、既製品と同じぐらいの価格まで下げることができます。

既製品なら豊富な種類から選べて、オリジナルなら細かな要望まで
対応可能、その上価格も激安なら、のぼり旗の購入は
専門店しかありません。

多種多様なのぼりの形を選ぶポイント

のぼりの基本である長方形は、平安時代に流れ旗というものが使われていたのが
ルーツで縦長で人の注目を集める効果があるとして現代まで文化として
根付いてきたものです。

現代では、目的や設置場所に合わせたり訴求力や目にとめてもらう回数などにより、
長方形だけではなく変形のぼりが人気を集めています。

例えば、のぼりが下辺に向かってR状にカットされたRのぼりがあります。

Rのぼりの特徴は、のぼりをポールに通す袋状の部分であるチチと
呼ばれる部分が無いことです。

側面と上辺は棒状の袋縫いでポールが隠れるチチがある通常ののぼりに
比べると、カットされた部分とあいまってスタイリッシュなイメージを
与えやすくなります。

大きなサイズを用いればより長身になり、遠くからでもひと目を惹く
度合いも多くなります。

Rのぼりと同じような形状でRフラッグと呼ばれている旗状タイプのものも
ありどちらも人気があり、需要が高まってきているものだと思います。

他にもミニのぼり旗やハーフののぼり旗など通常のサイズより小さなものも
あり、屋内での使用にも邪魔にならないサイズとして展示会などにも
活用されています。

歴史のあるのぼりも形やサイズにより用途の幅が広がっていますが、
そこに色調やデザインなどをプラスすることにより人に与える印象度も
変わっていきますので、具体的なイメージとともに形状にもこだわる
ことをおすすめいたします。