のぼりの効果, のぼり旗の使用方法, 素材を知る, 詳しくのぼりを知るために

オーダーデザインののぼり旗について説明します

通販でのぼり旗を選ぶ時はのぼりのデザインを選ぶ必要があります。

誰でも知っているクリーニング店やお茶屋などであれば
既成品ののぼりを通販で購入しても構いません。

しかし、個人で拘りのあるショップをオープンしたり、
昨今のコロナ対策のデザインを取り入れたいなら
オーダー品がおすすめです。

価格的には既製品よりも高価ですが、専門店ならではの可愛さや
拘りを表現することができます。

また、自分でパソコンで描いた柄をのぼり旗に取り入れる事も
できるので、パソコンが得意な人はおすすめです。

コロナ対策を目的とした既製品もありますが、
どの種類の店にも対応できるわけではないので
自分で考えるのも一つの手だと思います。

コロナに対応したのぼり旗

コロナ対策であれば、抗菌や除菌、換気などの文言を取り入れると良いでしょう。

文言が全てだとは言いませんが、そのような店は
安心感を与えてくれるので、お客様のためにも必要です。

通販で購入することに不安もあるかも知れませんが、
今はホームページで絵柄を確認できるので、間違ったものを
購入することもありません。

気をつけたいのはオーダーだからと言って
あまり凝りすぎた絵柄にしないことです。

アニメやゲームショップのようなお店では
それらが必要かもしれませんが、幅広い年齢層が訪れる店舗では
シンプルな絵柄や文言が好まれるからです。

既製品のぼり旗について説明します

既製品ののぼり旗は、主にクリーニング店や米屋、お茶屋、
コインランドリーなどの生活に密着した店舗で使用されています。

これは、のぼりがなくても比較的お店の商品やサービスが分かりやすいからです。

反対に、こだわりのパン屋さんやケーキ屋さんでは、
店主のこだわりを表現してお客を呼びたいと思うはずです。

その時に、無添加や無農薬などの文言が入っていれば
見栄えもよく、お客様もそれを気に留めて
お店に入ってみようという気持ちにさせるものです。

コロナ対策は、既製品のものを使い、先ほどの拘りの文言は
オーダー品を使うというのもおすすめです。

コロナ対策のデザイン

他には、コロナ対策の文言もいつまで使用するか
未知数という面もありますので、まずは店主が
いちばんアピールしたいものを選びます。

最近、街中や郊外の店でよく旗を見かけますが、
確かに歩行者にもクルマのドライバーにも注目されやすいです。

だからこそ、既製品ばかりでは逆に他の店との
差別化を図れないので、マイナスになることも考えられます。

そこも、通販で購入する前に考えておくと失敗も少ないです。

絵柄や文言は、シンプルなものがおすすめです。
ぜひ、通販のホームページなどで詳細を確認して
オーダーしてみて下さい。

のぼり旗の使用方法, 詳しくのぼりを知るために

両面印刷のクリーニングのぼりの作成コストは?

一般的なクリーニングのぼりは、片面印刷です。
透ける生地を採用しているので、裏面から見てもクリーニングのぼりに書かれている内容は判別できますが、
想定とは異なる風向きになってしまうと、視認性が極端に悪くなるデメリットがあります。

クリーニングのぼりの視認性を高めるなら、片面印刷より両面印刷で作成です。

生地の両面に宣伝文句や店名などがプリントされていれば、裏から見ても内容は判別できます。

風向きに関係なく、クリーニングのぼりの高いPR効果を期待できるでしょう。

のぼりの定義を知っていますか?

また、透けない生地を採用していますから、裏表で別々のデザインにすることも可能です。

表と裏で宣伝文句を変えてみたり、まったく違うデザインにしてみるなど、
オリジナルのクリーニングのぼりを作成できるでしょう。

しかし、クリーニングのぼりの作成で両面印刷を選ぶと、コストが高くなるのがデメリットです。

片面印刷の場合は、生地も安いですし注文数も多いので、大量に仕入れることができます。

また、作成時に印刷するのは表目だけなので、単純にコストもかかりません。

ですが、クリーニングのぼりの作成で裏表両方に印刷するためには、高価な透けない生地を使わなければいけません。

そもそもの発注数も少ないですから、大量仕入れすることもできませんし、印刷コストもかかりません。
裏面に印刷できるクリーニングのぼりを作成しようとすると、コストが倍以上かかってくるので、低コストでの作成は諦める必要があります。

のぼり旗の製作における印刷方法について

のぼり旗は、制作枚数やデザインの内容により、印刷方法が違います。

シルクスクリーン印刷はのぼり旗を100枚以上制作したい方や、シンプルなデザイン向きです。
シルクのように網目状になったスクリーンに、ゴムを上部から
擦りつけるようにする印刷方法です。

シルク印刷の特徴

お客様のご希望の色が叶えられるほどのインクの豊富さがあります。
厚塗りが可能なので耐天性があります。

素材を選ばないのでプリントの範囲が広いです。
ダイレクト昇華印刷はのぼり旗を1枚からの少量印刷が可能です。

オリジナルな写真入りのデザインも美しく仕上げます。
直接布にプリントした後、高温で熱を加えることにより仕上げる印刷方法です。

生地に直接印刷するので、写真や画像の濃淡が美しく映えます。

のぼり旗の使用方法, 素材を知る, 詳しくのぼりを知るために

のぼり旗に向いている生地は?どんな素材が向いている?

のぼり旗の生地素材の種類は豊富で、それぞれに
長所と短所があります。

特徴を十分に理解しないまま購入してしまうと、
「こんなはずじゃなかったのに」と後悔することに
なるかもしれません。

実際に購入する前に、どのような生地があるのかを
知っておきましょう。

ほとんどの業者が利用しているのは、「ポンジ」と
呼ばれているポリエステル製ののぼり旗です。

のぼり

ポンジの特徴は薄手の生地と価格の安さで、
コストパフォーマンスに優れています。

最も薄く軽い素材であるため、風のある日は美しく
なびきますが、一方で耐久性が低く、雨に弱いという
弱点を抱えています。

「トロピカル」や「トロマット」と呼ばれる生地は、
ポンジに厚みと光沢感を加えたもので、見栄えが良いです。

この生地で作られたのぼり旗は安っぽさがなく、
ポンジと比べて耐久性に優れています。

優れた点が多いですが、その分価格は高めです。
そのため、多くの業者はコストパフォーマンスの良い
ポンジ製の旗を選ぶことが多いです。

コスト

お金に余裕があるならトロピカルやトロマットを、
そうでないならポンジを選ぶと良いでしょう。

のぼり旗を屋外に出す予定なら、撥水加工も
忘れてはいけません。

未加工の旗だと雨にさらされた場合に、染みや劣化が
起きやすいです。

撥水加工済みの生地は価格が高いのがネックですが、
未加工の製品と比べて染みや劣化が起きにくく、
耐久性に優れます。

最初に強いられる出費はなかなかのものですが、
トータルコストを考えた場合は、撥水加工済みの製品に
軍配が上がります。

のぼり旗の使用方法, 素材を知る, 詳しくのぼりを知るために

のぼり旗の寿命が縮む?劣化してしまう原因は?

風を受けて美しくたなびき、遠くからもよく見えるのぼり旗は
お店の宣伝に絶大な効果を発揮します。

のぼり旗は自作することも不可能ではありませんが、
耐久性や寿命に優れた製品が欲しいなら、専門店に依頼して
製作してもらった方がいいでしょう。

お店の宣伝

のぼり旗の劣化の主な原因は、日光と風雨です。
旗は長い時間日光や風雨にさらされると、色あせや
にじみが起きやすくなります。

寿命を延ばすのに最も有効なのは、雨が降ってきたら
速やかに旗をしまうことですが、特殊加工された旗を
使うことでも寿命を延ばすことができます。

特殊加工が施されたのぼり旗は、専門店を利用しなければ
手に入れることができません。

劣化の原因

色あせによる劣化を遅らせる「UV加工」や、にじみを防ぐ
「撥水加工」が代表的な特殊加工です。

加工済みの旗はそうでない旗と比べて価格が高いですが、
その分優れた耐久性を発揮します。

特殊加工の旗は非常に便利な代物ですが、乱暴に扱うと
本来の効果が発揮されなくなり、寿命が縮んでしまいます。

撥水加工が施された旗だからといって、長時間雨の中に
放置するのはおすすめしません。

小雨程度なら耐えることができますが、どしゃ降りになったら
屋内にしまった方がいいでしょう。

特殊加工はのぼり旗の寿命を延ばす効果はありますが、
永遠の耐久性を保証するものではないからです。

特殊加工済みの旗もそうでない旗も、ある程度
強い雨が降ってきたら屋内にしまって
乾かすようにしてください。