のぼり旗の使用方法, 素材を知る, 詳しくのぼりを知るために

のぼり旗に向いている生地は?どんな素材が向いている?

のぼり旗の生地素材の種類は豊富で、それぞれに
長所と短所があります。

特徴を十分に理解しないまま購入してしまうと、
「こんなはずじゃなかったのに」と後悔することに
なるかもしれません。

実際に購入する前に、どのような生地があるのかを
知っておきましょう。

ほとんどの業者が利用しているのは、「ポンジ」と
呼ばれているポリエステル製ののぼり旗です。

のぼり

ポンジの特徴は薄手の生地と価格の安さで、
コストパフォーマンスに優れています。

最も薄く軽い素材であるため、風のある日は美しく
なびきますが、一方で耐久性が低く、雨に弱いという
弱点を抱えています。

「トロピカル」や「トロマット」と呼ばれる生地は、
ポンジに厚みと光沢感を加えたもので、見栄えが良いです。

この生地で作られたのぼり旗は安っぽさがなく、
ポンジと比べて耐久性に優れています。

優れた点が多いですが、その分価格は高めです。
そのため、多くの業者はコストパフォーマンスの良い
ポンジ製の旗を選ぶことが多いです。

コスト

お金に余裕があるならトロピカルやトロマットを、
そうでないならポンジを選ぶと良いでしょう。

のぼり旗を屋外に出す予定なら、撥水加工も
忘れてはいけません。

未加工の旗だと雨にさらされた場合に、染みや劣化が
起きやすいです。

撥水加工済みの生地は価格が高いのがネックですが、
未加工の製品と比べて染みや劣化が起きにくく、
耐久性に優れます。

最初に強いられる出費はなかなかのものですが、
トータルコストを考えた場合は、撥水加工済みの製品に
軍配が上がります。

のぼり旗の使用方法, 素材を知る, 詳しくのぼりを知るために

のぼり旗の寿命が縮む?劣化してしまう原因は?

風を受けて美しくたなびき、遠くからもよく見えるのぼり旗は
お店の宣伝に絶大な効果を発揮します。

のぼり旗は自作することも不可能ではありませんが、
耐久性や寿命に優れた製品が欲しいなら、専門店に依頼して
製作してもらった方がいいでしょう。

お店の宣伝

のぼり旗の劣化の主な原因は、日光と風雨です。
旗は長い時間日光や風雨にさらされると、色あせや
にじみが起きやすくなります。

寿命を延ばすのに最も有効なのは、雨が降ってきたら
速やかに旗をしまうことですが、特殊加工された旗を
使うことでも寿命を延ばすことができます。

特殊加工が施されたのぼり旗は、専門店を利用しなければ
手に入れることができません。

劣化の原因

色あせによる劣化を遅らせる「UV加工」や、にじみを防ぐ
「撥水加工」が代表的な特殊加工です。

加工済みの旗はそうでない旗と比べて価格が高いですが、
その分優れた耐久性を発揮します。

特殊加工の旗は非常に便利な代物ですが、乱暴に扱うと
本来の効果が発揮されなくなり、寿命が縮んでしまいます。

撥水加工が施された旗だからといって、長時間雨の中に
放置するのはおすすめしません。

小雨程度なら耐えることができますが、どしゃ降りになったら
屋内にしまった方がいいでしょう。

特殊加工はのぼり旗の寿命を延ばす効果はありますが、
永遠の耐久性を保証するものではないからです。

特殊加工済みの旗もそうでない旗も、ある程度
強い雨が降ってきたら屋内にしまって
乾かすようにしてください。