京都のれん株式会社ののぼり旗ネットは裏抜けもコントロール!顔料浸透によるミスの心配は不要s

安くてオリジナリティがあるのぼり旗を提供する

のぼり旗は一般的に、生地にインクが浸透してデザインが反転
した状態で裏側に透けます。

かつてはインクジェットプリントの場合は70パーセントまで
しか顔料浸透率をコントロールすることが出来ず、95パーセント
まで浸透させたい場合はシルクスクリーン印刷でないといけない
とされてきました。

しかし近頃はインクジェットプリンターの性能が高まってきて
いるので、95パーセントまで浸透させることが可能なインク
ジェットプリントが可能な機種も登場してきています。

オモテウラ

京都のれん株式会社が提供するのぼり旗は、基本的に
70パーセント以上浸透すると言う風にお客様に
お知らせしている状態です。

このようにしているのは製作方法や色合いによるブレによって
抜け具合に差が出てくるからというのが理由になります。

日本製の安くて浸透率がコントロール出来る独自性のある
デザインの、のぼり旗を制作したい場合は京都のれん株式会社
に相談するのが良い方法です。

裏側から見たときにどう見えるのかを考えておく必要が

のぼり製作のぼり旗は、表側の生地にプリントした
デザインが裏抜けすることを計算に入れて
レイアウトを考えておく必要があります。

そうしないと何だか思い描いていたのぼり旗と
イメージが異なるものが出来上がってしまったり、
裏側から見ると何と書いてあるのかが分からないと
いうミスに繋がってしまうからです。

裏側から見て色合いが淡くなっても見やすい
ように、文字の色合いと背景の色合いの
コントラストを出すなどといった工夫をする
必要があります。

文字の字体のことも充分に考慮する必要があり、文字に太い
部分と細い部分の差が大きい字体だと裏側から見たときに
読みにくくなってしまう可能性が高いです。

また裏側のことばかりを気にして生地の素材や制作方法を
決めてしまうと、コストの方が高くかさんでしまうことも
あるので、うまくバランスを考えて決めることが必要になります。

のぼり旗ネットが提供する、のぼり旗はコストを安く抑える
だけではなく裏抜けのことも考えられているので非常におすすめです。